新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

気炎万丈~強く燃え上がれ~

鹿児島純心女子中・高等学校

9月10日(土)、さわやかな秋空の下、第74回体育祭が開催されました。2年ぶりの開催に、生徒たちの笑顔あふれた体育祭になりました。

今年度の体育祭は午前中開催。プログラム1番の『疾走A』に始まり、『回ってポン』や『スプーンリレー』など純心独自のプログラムやクラス対抗の『学級対抗リレー』、3年間の思いの詰まった『マスゲーム』、体力勝負の『小鹿の躍動』、息の合った『中学ダンス』、仲間と力を合わせて戦う『綱引き』、そして、各組の思いを背負った『色別リレー』に『応援祭典』。

すべての競技で必死に戦う姿、真剣な表情、仲間を喜び合う笑顔、体育祭ならではの生徒たちの姿を見ることができました。

”失望はしても絶望はしないでください”。

コロナ禍で色々な行事が中止になった昨年度の応援団長が後輩たちに残した言葉です。

その言葉と想いを受け継ぎ、今年の体育祭は思いっきり楽しんだ体育祭になったことと思います。

これからも先輩方が残してくれた純心の伝統を引き継ぎつつ、新たな1ページを創っていきたいと思います。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!