【学校長ブログ】授業見学 すぐに役立つ礼法の時間
見出し画像

【学校長ブログ】授業見学 すぐに役立つ礼法の時間

   先日の日曜日は高校のキャンパス見学会でした。卒業生(現在CAとして活躍しています)を講師に招いて「受験に役立つマナー講座」を実施しました。私も大変勉強になりました。受験生の皆さんに是非役立てて欲しいなと思いました。
 純心では、マナーを学ぶ機会がたくさんあります。今日は高校3年生の本科コース礼法の時間におじゃましました。後ろのドアを静かに開けると、背筋の伸びた生徒たち。今日のテーマは「弔事のマナー」の続き、先週は「香典」袋の書き方、その前は「訪問のマナー」「お土産の渡し方」だったそうです。授業の後、担当の教員に年間計画表を見せてもらいました。いわゆる立ち居振る舞い、ドアやふすまの開閉、物の渡し方、テーブルマナー、はがきの書き方、お礼状の書き方等々まだまだあります。一つひとつの動作に意味があることや他の方々と心地よく過ごすためのマナーを体験しながら学びます。今日は、お焼香や献花について。私は飛び入りで花を渡すお手伝いをしました。生徒も一生懸命なので、決して邪魔にならないように目立たないようにと思いながら丁寧に渡すよう心掛けました。
 身が美しいと書いて「躾」という文字になりますが、今日の高校3年生の礼法、1時間中姿勢が良かったように思います。スイッチが入るのでしょうか。見ている私の背筋も伸びました。礼法の時間、役に立っているなと感じました。