鹿児島純心女子中・高等学校
【学校長ブログ】復活祭豆知識①
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【学校長ブログ】復活祭豆知識①

鹿児島純心女子中・高等学校

本校は、カトリック・ミッションスクールなので、この週末の大きな祝日「復活祭(イースター)」について紹介します。

復活祭とは、イエス・キリストの復活を祝う日で、キリスト教を信仰する人にとっては、イエス・キリストが誕生した日を喜び祝うクリスマスよりも重要な意味をもつ祭日です。

北半球の多くの国々では、新緑が息吹く春に新しい命がかがやく復活祭を祝います。新しい命のシンボルとして、使われるものに卵やうさぎがあります。ウクライナでは「ピサンキ」と呼ばれるイースターエッグがあり、卵の殻に、ロウや染料を使って様々な意味や願いのこもった模様が描かれるそうです。

純心の修道院でも、復活祭には卵をゆで、その殻に絵をつけて喜びに彩を添えます。玉ねぎの皮を染料にすると黄金色の卵になります。絵心のある先輩シスター方が桜をはじめとする美しい花々を描かれるのを見て、毎年、改めて尊敬しなおします。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!