【学校長ブログ】平和を願う「アンネのバラ」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【学校長ブログ】平和を願う「アンネのバラ」

鹿児島純心女子中・高等学校


 一昨年の学園の日(12/8)に植えたバラが今年も香しく咲き始めました。そのうちオンライン鑑賞会を実施したいくらい麗しい。随分前から立派に育っている職員室前の「アンネのバラ」も優しい色合いで咲いています。このバラは「アンネの日記」に感銘を受けたベルギーの園芸家が、平和への願いを込めて、アンネ没後15年目の1960年に新種のバラを作ったのが始まりで、アンネの父、オットー・フランク氏に贈ったことにより、「アンネの形見」と命名されました。その後オットー氏から「アンネの形見」と名付けられた可憐なバラの苗10株が日本へ送られましたが、このうちの1株だけが、奇跡的に花をつけました。この1株が、日本での「アンネのバラ」の起源です。「アンネのバラ」はその後、接ぎ木で増やされ、全国の教会、学校等に贈られました。アンネフランクの平和の願いは、形を変えて引き継がれています。

さて、コロナウイルス感染の心配が続いています。また、自然災害や人災など、世界の各地で不安な中で暮らしている方が大勢います。一日も早く、安心して過ごせる日が来ますようにと祈りながら、今日もバラと対話しています。





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!