高校1年選抜コースPBLキャンプ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

高校1年選抜コースPBLキャンプ

7月15~16日の2日間,高校1年選抜コースでは,「PBLキャンプ@長島大陸(Startup Base U18)」が行われました。(PBL:プロジェクト型学習)

一昨年までは長島大陸Nセンター(長島町)で開催していましたが,コロナ禍の影響で,昨年は学校で開催,本年は鹿児島市にあるマークメイザンをお借りして開催しました。

画像1

Startup Baseの森 真悠子 さん,水門 菜花 さんのアドバイスのもと,プログラムがスタートしました。

【1日目:アイスブレイクと地域課題の共有】

画像2

まずはアイスブレイクでサークルトスゲームを行い,経験から学ぶことの大切さを学びました。そして,事前学習課題だった地域課題について調べたことを共有しました。

【1日目:リーンスタートアップについて学び・体験】

画像3

そして,2日間の学びの目的について,課題解決や商品・サービス開発の手法であるリーンスタートアップについて学びました。

画像4

次に,短い時間で商品開発を行うワークを体験しました。

【1日目:チーム(株式会社)にわかれ,製品やサービスを創ります】

画像5

みんなで持ち寄った,解決したい課題をミニプレゼン。それに基づいて7つのチーム(株式会社)を創り,製品やサービス開発をスタートさせました。

画像6

パソコンやスマホを使って調べたり,電話などを使ってインタビューしたりして,アイデアをだんだん具体化していきます。

【1日目:社会人メンターの方々からのアドバイス】

画像7

画像8

鹿児島天文館総合研究所Ten-Labの門間 ゆきの さん,リクルートの姜 彰周 さんをメンター(指導者)にお迎えし,各チームの商品・サービスのアイデアに対して,問題点を指摘してもらうなど,アドバイスをいただきました。

【2日目:アドバイスをもとに改善】

画像9

画像10

2日目は,まず,自分たちのチームが開発していることについてペアになって発表を行いました。短い時間で簡潔にまとめる練習にもなりました。

昨日いただいたアドバイスをもとに,さらに工夫や改善を積み重ねていきます。短い時間での製品・サービスづくり。頭をフル回転させ,チーム内で協力しながら作業が進んでいきます。

【2日目:発表】

画像11

画像12

2日間の仕上げは製品・サービスの発表。ただの発表ではなく,ホームページやアプリの画面,お客様とのやりとり例など,具体的な「かたち」を実演しながらのプレゼンでした。発表はzoomを使って学校や保護者とも繋がり,会場以外の方々にも観ていただきました。

門間 ゆきの さんと姜 彰周 さん,鹿児島純心女子高校エデュケーショナルスーパーバイザーでスタディサプリ講師の神﨑 史彦 先生から審査をいただきました。

多くの方々からサポートしていただき,純心の21世紀型教育で実践される,「考える経験」,「協働する経験」,「アウトプットする経験」をこのプログラムでたくさん経験することが出来ました。

ありがとうございました。