聖母月
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

聖母月

聖母月最終日を迎えました。

例年だと、学園内で聖母行列を行いますがコロナ禍のため全校生徒、放送朝礼で世界平和のため新型コロナウィルス感染の終息を願って祈りをささげました。

また、中学1年生は、3時間目にマリア様をたたえて祈りの集いを聖堂で行いました。祈りの集いでは、マリア様の周りにクラスで準備した花籠を飾り準備を整えました。この花籠は、生徒各自が持ってきた花を担任の先生と一緒に花籠にしたものです。祈りの集いの中で、一人ひとり、おささげカードに実行した“おささげ”を記入し奉納しました。“おささげ”とは、自分の時間と労力を、意向をもって周りの人たちの喜びとなることに使うことです。クラスみんなでの“おささげ”は、A組は校庭の芝生植え。B組は、錬成会で使用している畑きれいにしました。自分でできる“おささげ”は、家でのお風呂掃除、リビングの掃除などそれぞれが自分にできることを考え実行しました。

たくさんの花に囲まれ、たくさんの思いを受け取られたマリア様はとても素敵に見えました。世界平和のために、新型コロナウィルス感染の終息のために、家族のために、そして今もっとも祈りを必要としている人のために心をこめて祈ったひと時でした。聖母月を終えるにふさわしい一日となりました。

画像1

画像2

画像3

画像4