卒業生から中学生へメッセージが届きました
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

卒業生から中学生へメッセージが届きました

8月22日(日)に予定していた高校キャンパス体験会。今回、新型コロナウイルス感染症の大幅な拡大のため、WEB配信でのキャンパス体験会に変更になりました。

そのキャンパス体験会でお話をしてくれる予定だった卒業生(大学1年生)から中学生へ向けてメッセージが届きました。

そのメッセージがこちら↓

中学生の皆さん、こんにちは。

今回は私が3年間意識してやってきたことや、やってよかったと思うことを紹介しようと思います。

私は高校3年間、基本的なことですが、日々宿題を確実にこなしていくことを常に意識してきました。純心は宿題の内容が濃いので、宿題にしっかり取り組んでいくだけでも、各教科の力をつけることができました。特に、高校3年生では、空き時間を利用して宿題はできるだけ学校で終わらせるようにし、家での自習時間を十分に確保できるようにしました。大学受験にはまず基礎が定着していなければ、太刀打ちできません。私はしっかり宿題をこなすことで基礎を定着することができたため、このことが大学受験にも繋がったと実感しています。宿題は大変ではありますが、自分のためにならない努力など存在しないように、宿題も必ず自分のためになるので、まじめにやっていくことが大切だと思います。

また、特に高校3年生のとき意識していたことですが、わからないところなど、特に先生や友人に頼るようにしていました。やはり、高校生になると学習する内容も難しくなるので、どうしてもよく分からない問題や事象が出てきます。そんなときは、自分一人で解決しようとせず、友人・先生方に頼るのが一番です。純心生に来て、そのことをとても強く思いました。純心の先生方はとても親切で、生徒との距離も近いので、気軽に質問できます。私が放課後、先生に質問にいったときも、親切、丁寧に教えてくれました。一番いけないのは、分からないところを分からないままで放っておいてしまうことだと思います。純心には頼りになる先生方がいらっしゃるので、もし純心に入られたら、友達にも先生方にも頼ることをオススメします。

中学から高校に進学するにあたって、学習面や人間関係、待ち受ける大学受験など不安を抱えていらっしゃると思います。純心には皆さんをサポートしてくれださる先生方や友達、環境が整っているので、必要以上に心配せず、目の前の課題に向き合ってください。