見出し画像

高校1年生から中学3年生のみなさんへ~『選抜コース』編~

先日の合格者向けオープンスクールで高校1年生がそれぞれのコースについて話してくれました。その話の内容を紹介します。

私は選抜コースに入り、様々な取り組みを通してこれから先、必要になる力を身につけることができました。私が力をつけることができたのも、選抜コースの特色ある取り組みのおかげだと思っています。私は選抜コースについてと通学について話をしたいと思います。
まずは選抜コースについてです。選抜コースの特徴は、PBLキャンプをはじめとする多くの探究活動ができることです。探究活動の中でも私が成長するきっかけとなったのが7月にあった「PBLキャンプ」での2日間でした。PBLキャンプでは社会にある課題を自分たちで見つけ、高校生の私たちにしかできないようなプロジェクトをチームごとに考え、発表しました。自分たちのアイデアを深めるために、社会人の方にアドバイスをいただいたり、友だちと多くの議論を重ねたりと、プロジェクトを考えていくことの難しさや大切さを学ぶことができました。
また、最近では「探究」の授業の中で、企業から出されたミッションに取り組み、企業ごとに事業や商品を考え、発表をしました。事業や商品を考え、発表のためのスライドを創っていく過程で、自分の意見を相手に理解してもらえるように伝える「コミュニケーション力」や相手から様々な意見やアイデアを聞き、自分に足りないところを修正していく中で考えを深める楽しさを味わうことができました。
こうした探究活動で身に付けることができた経験は探究活動だけでなく、勉強や部活動でも生かされていることです。また、今後の大学入試、社会に出てからも必要になってくるのではないかと思います。そのため、自分を磨くことのできる今を精一杯過ごすことができています。
次に通学についてです。私は国分から通学しているため、片道1時間半、電車に乗って通っています。同級生にも私と同じ電車に乗って通っている友達がたくさんいます。電車に乗る時間も長く、大変と感じているかたもいらっしゃるかと思いますが、私はその電車での時間を有効活用し、授業の復習をしたり、単語を覚えたりしています。電車通学であるため、家での学習時間が少ないので、電車での勉強時間は大切な時間となっています。
最後に皆さんに伝えたいことがあります。私は1年前、高校生活に対する楽しみはもちろん、不安もありました。しかし、今は純心高校に入学し、選抜コースで多くのことを学び、考えるチャンスをたくさんいただき、本当に良かったと思っています。純心高校は自分のやりたいことができ、自分の持っている力を十分に発揮することができるとてもいい学校です。ぜひ、皆さんと4月に純心でお会いできることを楽しみにしています。

1