学校ブログ

77
+3

クリスマス~ステンドグラス~

校長室の窓に貼られてあるステンドグラスです。 これらのステンドグラスはなんと校長先生の手作り。お休みの日に、校長先生が作られたとのこと。今年はより一層、クリスマスの雰囲気を味わうことができます。

スキ
1
+1

ぬいぐるみプロジェクト

高校生徒会が始めた『ぬいぐるみプロジェクト』。 ぬいぐるみプロジェクトとは、いらなくなったぬいぐるみを「ECO Treading」に寄付して、ぬいぐるみを持っていないフィリピンやタイの子どもたちへ送るボランティア活動です。 そこで、高校生徒会が『ぬいぐるみプロジェクト』行う目的を動画にしました。それがこちら↓ 今、純心ではどんどんぬいぐるみが集まってきています。 純心生の集めたぬいぐるみで、1人でも多くの子どもたちの癒しや心の支えになってくれたら幸せです。

スキ
3
+2

クリスマス~リース~

待降節の期間、欧米の家庭では木の葉で飾った丸いリースに4本のローソクを立て、日曜日が来るたびに1本ずつ火をともしていきます。4本のローソクすべてに火がともるとクリスマスになるというわけです。 純心でも各クラスの入口にリースが飾られ、1週間ごとにろうそくが1本ずつ増えていきます。 そして、各クラスには手作りのツリーが準備されます。このツリーは待降節の間、清い心になるように行動を起こしたりしたときに一人ひとりがツリーにシールを貼っていきます。 シールでいっぱいになったツリー

スキ
1
+2

クリスマス~待降節~

純心ではクリスマスの4つ前の日曜日から、クリスマス(イエス・キリストの誕生)の準備に入ります。この期間を「待降節」と呼んでいます。 待降節に入ると純心のいたるところでクリスマスを感じることができます。 まずは宗教科教室の前から。 純心でのクリスマスの様子を少しずつ紹介していきます。

スキ
1
+5

『働くこと』について考える

本科コース高校3年生は、鹿児島純心女子大学看護栄養学部の山元有子先生をお招きして、「『働く』ということ」というテーマで講義をしていただきました。 まず初めに、「一緒に働きたい人」「一緒に働きたくない人」にグループ分け。先生の出されたカードを見て、自分の価値観の再確認。 カードの内容はこちら。みなさんはどうですか? ① 踏み台さん「会社にいるのは長くて3年。盗めるものは盗んで、独立するの」 ② オケイコさん「ダンス、料理教室、それから・・・毎日定時で退社してからが大忙し」

スキ
14
+3

感謝の1日に

中学3年生は秋晴れの下、錬成会を行いました。 午前中はみんなで畑を耕し、思いっきり働いて、汗を流しました。お調理場の先生方の作ってくださったカレーをいただきました。 そして午後からは雑巾縫いに、聖堂でお祈り。 何不自由なく、毎日を過ごせていることに改めて感謝する1日となりました。

+1

卒業生の想いを胸に

先日行われました第44回全国高校テニス大会九州大会が鹿児島で行われました。 結果は『団体5位』。全国選抜の切符を見事手にしました。 今回の大会はコロナウイルス感染症対策拡大予防として、観戦できるのは選手、役員とその保護者のみ。卒業生は感染することはできませんでした。 そこで純心テニス部に贈られたのは色紙。卒業生、そして支えて下さる全ての方々の想いの詰まった色紙です。全国選抜まで支えて下さる全ての方々の想いを胸に最後までひたむきに戦います。

2023年に向けて

2023年の夏に鹿児島で開催される第47回全国高等学校総合文化祭。そのプレプレ大会に放送専門部の代表として本校放送部が出演しました。 今年の夏、和歌山で開催された総文祭で審査員特別賞を受賞した「かごしま水族館」についての話題をアナウンスしました。 このアナウンス原稿は今、受験に向けて頑張っている先輩から引き継いだものです。 先輩の読みを何度も聴いて練習したアナウンスが県民ホールに響き渡りました。

スキ
2
+1

使っていない文房具ありませんか?

中学生徒会は、未使用文房具を集めています。 集まった文房具はタイ・フィリピンのリサイクルショップで販売され、子どもたちの学習支援に役立てられます。

スキ
4
+3

学びを深める~中1秋の研修~

中学1年生は秋の研修を行いました。 1日目は石橋公園と南洲神社、2日目は知覧特攻基地と平川動物公園、ザビエル公園で締めくくりました。 お天気にも恵まれ、元気いっぱいの中学1年生。2日間で鹿児島の歴史、鹿児島とキリスト教の関わりなど、校内だけでは学べないことを実際見たり、聞いたりすることで、より深く学ぶことができました。

スキ
1