鹿児島純心女子中・高等学校

学校ブログ

クリスマス~ステンドグラス~

校長室の窓に貼られてあるステンドグラスです。 これらのステンドグラスはなんと校長先生の手作り。お休みの日に、校長先生が作られたとのこと。今年はより一層、クリスマスの雰囲気を味わうことができます。

スキ
1

ぬいぐるみプロジェクト

高校生徒会が始めた『ぬいぐるみプロジェクト』。 ぬいぐるみプロジェクトとは、いらなくなったぬいぐるみを「ECO Treading」に寄付して、ぬいぐるみを持っていないフィリピンやタイの子どもたちへ送るボランティア活動です。 そこで、高校生徒会が『ぬいぐるみプロジェクト』行う目的を動画にしました。それがこちら↓ 今、純心ではどんどんぬいぐるみが集まってきています。 純心生の集めたぬいぐるみで、1人でも多くの子どもたちの癒しや心の支えになってくれたら幸せです。

スキ
3

クリスマス~リース~

待降節の期間、欧米の家庭では木の葉で飾った丸いリースに4本のローソクを立て、日曜日が来るたびに1本ずつ火をともしていきます。4本のローソクすべてに火がともるとクリスマスになるというわけです。 純心でも各クラスの入口にリースが飾られ、1週間ごとにろうそくが1本ずつ増えていきます。 そして、各クラスには手作りのツリーが準備されます。このツリーは待降節の間、清い心になるように行動を起こしたりしたときに一人ひとりがツリーにシールを貼っていきます。 シールでいっぱいになったツリー

スキ
1

クリスマス~待降節~

純心ではクリスマスの4つ前の日曜日から、クリスマス(イエス・キリストの誕生)の準備に入ります。この期間を「待降節」と呼んでいます。 待降節に入ると純心のいたるところでクリスマスを感じることができます。 まずは宗教科教室の前から。 純心でのクリスマスの様子を少しずつ紹介していきます。

スキ
1

心の花束

校長ブログ

【学校長ブログ】待降節に思うこと

   クリスマスの季節になりました。カトリック教会では、クリスマスから遡って4回日曜日を数え、その1回目からクリスマスを準備する期間に入り、この期間を「待降節」と呼んでいます。毎年この時期は、世界中がクリスマスの温かさに包まれますようにと思いながら過ごしています。今年は11月28日からです。校内もクリスマスに向けた内外の準備が始まりました。聖歌も昨日の朝礼から待降節の歌に変わりました。気持がシャキッとなりました。    クリスマスには、映画や歌、絵画などそれにまつわるたくさん

スキ
4

【学校長ブログ】作業は楽しい

    写真は高2錬成会、聖堂横の金木犀の剪定です。こんな作業ができる練成会、うらやましくてしょうがないです。最後の振り返りの気付いたこと3点で、「作業は楽しい」と発表したチームがいました。何故、作業は楽しいんだろう? 非日常だから? 友達と一緒だから? 非日常だと、友達と一緒だと何故楽しいんだろう? そんなことを考えながら発表を聞いていました。非日常は、ワクワクする。友人と一緒だとおしゃべりができる、笑える、「手伝おうか」「手伝って」と言える、発見がある等いろいろ。    

スキ
3

【学校長ブログ】11月の月訓は「勤勉」

掲示板に貼ってあるポスターから抜粋    11月の月訓「勤勉」~心を使って能力を伸ばす~    持っている能力を伸ばすには? まず、自分の能力を認識できていないかも。まず、自分の能力を知ろう。一生懸命取り組もう。ここで満足したらそれ以上伸びないよ。                                                                (中1作成)    あなた方一人ひとりは個性を持って咲く花である。庭に咲くバラや百合かもしれないし、野に

スキ
1

【学校長ブログ】朝礼おじゃましています 高2編

    先週、先々週で高校2年生の各クラスの朝礼におじゃましました。対面はいいですね。正面からしっかり顔を見ることができる、しかも距離が近い。有難い機会でした。テーマは「言葉」。11月8日付の日経新聞「言葉の大切さを知ろう」から2つのポイント、①「情報を見極める力」、②「自分の考えを伝える力」について。この2つは特別な能力ではなく、普段学ぶ科目をしっかり身につけることで育まれるということ。 初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は、初めに神

選抜コース

選抜コースの取り組みを紹介します。

高校1年選抜コースPBLキャンプ

7月15~16日の2日間,高校1年選抜コースでは,「PBLキャンプ@長島大陸(Startup Base U18)」が行われました。(PBL:プロジェクト型学習) 一昨年までは長島大陸Nセンター(長島町)で開催していましたが,コロナ禍の影響で,昨年は学校で開催,本年は鹿児島市にあるマークメイザンをお借りして開催しました。 Startup Baseの森 真悠子 さん,水門 菜花 さんのアドバイスのもと,プログラムがスタートしました。 【1日目:アイスブレイクと地域課題の共有

スキ
7

高校2年選抜コースPBLキャンプ

7月17日(土),高校2年生のPBLキャンプが行われました。 まず初めに,zoomでマイプロジェクト事務局の方と繋ぎ,マイプロジェクトとは何か,マイプロジェクトを通してどのように成長していけるのかなど,経験談も交えてお話していただきました。 前日発表した個人探究で得られた知識やスキルを持ち寄り,新たなプロジェクトの企画をスタートさせました。 現在大学1年生の選抜コースOGの先輩方を迎えて,マイプロジェクトを進めるにあたってこれまで自分がどのような経験をしてきたのか,お話

再生

部活動に勉強に探究に充実した3年間!

合格者向けのオープンスクールで高校3年生が話をしてくれた言葉を紹介します。

再生

選抜コースの取り組みが大きな成長に

中学2年生に向けて、高校3年生が3年間の想いを話してくれました。

スキ
1

英語コース

英語コースの取り組みを紹介します。

異文化を学ぶ~英語コース1年生~

英語コース1年生は鹿児島純心女子大学の先生をお招きし、異文化理解シミュレーション(アルバトロス)を体験しました。 文化の背景の異なる自分とは違った価値観を持つ人々を理解し、よりよい人間関係をつくるためのコミュニケーション能力を養いました。 この体験をすることで、言語の重要性に気付き、コミュニケーションの中の英語という言語の大切さを学びました。

先輩に学ぶ会③

英語コースの先輩のお話を紹介をします。NZ研修や国際理解、Global Culturesなど、他のコースにはない英語コース独自のカリキュラムで培った国際人として身に付けた力を生かし、将来の進む道を決めた英語コースの先輩方。英語コースならではの英語の勉強法なども交えて、お話してくださいました。 【英語コース】  まず初めに、定期考査についてお話します。定期テストの勉強はテスト期間だけするのでは手遅れになります。日頃の授業で先生方はテストのヒントをたくさん出してくださいます。毎

スキ
1

英語劇【English Drama Competition】(PBLフェスタ2021)

高校2年(全コース) PBLについて高校2年生は英会話の授業で英語劇に取り組み,その制作と発表を通して主に次の4つの力を身につけます。 ① 創造力:オリジナルストリーを作成するにあたり,広く社会に目を向け材料集めをします。 ② コミュニケーション力・表現力:英語の発音や言い回し等の表現力だけでなく,ネイティブの先生からの直接の指導等で多くのコミュニケーションの機会を持ちます。 ③ 協調力:グループで一つの作品に取り組むだけでなく,聴衆の立場にも立つ機会を持ちあらゆる方向での

スキ
2

国際理解【日本文化プレゼンtoダーフィールド高校生】(PBLフェスタ2021)

高校2年 英語コース PBLについて高校2年英語コースは,ニュージーランド英語研修旅行でダーフィールド高校に短期留学した際,日本文化を紹介するプレゼンテーションを披露します。日本文化の知識が全くない視聴者に,分かりやすくかつ興味を持ってもらえるように,スライドにまとめ,クイズや体験を通して視聴者参加型のプレゼンテーションを行います。 代表作品(プレゼンスライド・スクリプト)1「Mizuhiki」 スクリプト 生徒の作品(プレゼンスライド)2「Gacha Gacha」

スキ
2

本科コース

本科コースの取り組みを紹介します。

地域課題について考える~本科コース2年生~

本科コース高校2年生は、Startup Base U18 for Junshinを2日間かけて、体験しました。Startup Baseとは、地域課題を知り、分析したうえで課題を解決する新しい製品やサービス・イベントなどのアイデアをプロトタイプとして形作り、その価値を証明するものです。 高校2年生のアイデアは、『肌荒れしないマスク』や『100%日焼けしない日焼け止め』、『1週間つけっぱなし可能なコンタクトレンズ』、『教材が重く感じないバッグ』、『洋服のコーディネートアプリ』な

高校1年生から合格者のみなさんへ~『本科コース』編~

先日の合格者向けオープンスクールで高校1年生がそれぞれのコースについて話してくれました。その時のお話の内容を紹介します。 私が1年間、本科コースで得た経験や本科コースの魅力を話していきたいと思います。よろしくお願いします。 まず本科コースの魅力として思いついたのは、「部活動と勉強を両立しやすい」という点です。本科コースは他のコースとは違い、1週間の間で木曜日と金曜日は6時間、土曜日は3時間授業となっており、他のコースと比べて3時間少ないことになります。そのため、部活動にはよ

スキ
1

先輩に学ぶ会④

本科コースの先輩方のお話を紹介します。自分の道をひたむきに追い続けた本科コースの先輩方。勉強だけでなく、部活動、習い事にも一生懸命取り組んだ先輩方のお話を紹介します。 【本科コース①】 大学を決めたのは高校2年生の夏でした。私は幼いころよりクラシック・バレエとコンテテンポラリーダンスを習っていて、最近ではジャズダンスも習っています。将来は踊りに関する職につけたらいいなと考えたことがきっかけでこの大学を選びました。私は一度受験に失敗しています。自己推薦入試の二次選考で不合格通

スキ
3

探究活動 -よかアイデアコンテスト-(PBLフェスタ2021)

高校2年 本科コース この取り組みは,日本経済新聞2021年2月2日夕刊に紹介されました。 PBLについて本科コース2年生では,5月にStartupBase U18という探究プログラムを通して,鹿児島の企業について学び,鹿児島という地域の課題を考えました。その課題の解決策をグループごとに考え,企画を作り,全グループが「第5回高校生よかアイデアコンテスト」(鹿児島国際大学主催)に出品しました。今回は,最終審査に残った1組の動画と全グループのスライドを発表します。 代表作品

スキ
3