鹿児島純心女子中・高等学校

心の花束

校長ブログ

すべて見る

【学校長ブログ】ありがとうございました

 7月2日(土)に、「第一回中学キャンパス見学会」を実施しました。 約2時間ほどの会で、英会話の体験や施設見学などをしながら本校の様子をご覧いただけたと思います。ご来校ありがとうございました。ボランティアの純中生の皆さんもありがとうございました。  夏休みもいろいろなイベントを企画しています。どうぞご参加ください。お待ちしています。  オープニングセレモニー(全体会)は武道場(マダレナ館1階)で実施することが多いのですが、コロナ対策、暑さ対策で、今回は高校体育館(マダレナ館

スキ
4

【学校長ブログ】化合物を求める

発想のもとは、個性である。 発想が扱うものは、周知、陳腐なものであってさしつかえない。そういうありふれた素材と素材とが思いもかけない結合、化合をおこして、新しい思考を生み出す。発想の妙はそこにありというわけである。 発想のおもしろさは、化合物のおもしろさである。元素をつくり出すことではない。              『思考の整理学』外山滋比古    この文章、中2の化学学習後に読んだら面白いかもしれないと思いつつも中1の授業の後半に少し時間ができたので各自読んでもらい、思っ

スキ
5

【学校長ブログ】教育実習終わりました

2週間から3週間の教育実習が先週終了しました。  今年度は5名の実習生でした。授業では、それぞれに工夫ししっかり準備して臨んだ様子が十分伝わりました。ホームルームにも積極的にかかわってくださっていました。よく頑張りました。この経験は、必ず役に立つはずです。今後は、大学での卒論に力を注いでいくことになるのでしょうか。充実した大学生活を送って欲しいと思います。  最後のあいさつに校長室を訪れてくださった際はすがすがしい顔でした。そして頼もしい卒業生の顔になっていました。拍手!!

スキ
3

【学校長ブログ】姉妹校説明会

 昨日の午後、姉妹校「鹿児島純心女子大学」、「鹿児島純心女子短期大学」の説明会が開催されました。参加したのは高校三年生。本校高校三年生のためだけの説明会です。全体会で本校の卒業生が、「毎日新しいことを学び体験して、楽しくてワクワクしている」と、いきいきと語ってくれました。その他、案内の係を担当している卒業生たちがわざわざ挨拶に来てくれました。皆楽しそうで、本当にうれしく思いました。  大学は来年度から共学になります。短大も純心ならではの学びがたくさん用意されています。姉妹校の

スキ
6

学校ブログ

すべて見る

R4.06.24「中学 スケッチ大会授賞式」

昼休みに校長室でスケッチ大会の受賞式が行われました。 各学年一位に当たる金賞の生徒たちです。 さすが一位。絵本にあってもおかしくないような美しさです。 惜しくも銀賞だった生徒たちの絵も素晴らしいです。校長室前廊下に掲示されていますので、多くの方に見ていただきたいです。 また、佐土原先生は素敵なアジサイを描き、「アジなアジサイで賞」を受賞、 校長先生は桜島を背景に白百合を描かれて「流石で賞」を受賞されました。 来年のスケッチ大会も素晴らしい作品に出会えそうで、今から楽

スキ
4

R4.06.06「聖母行列〜中学編〜」

3年ぶりの聖母行列。 中学生はだれも経験したことのない行事です。 みんなどんな行事なのか楽しみにしていました。 先週は花かんむりの完成に「カワイイ!」と歓声を上げた中学生3年生。 今日は行列の花まきにクギ付けの生徒たちでした。 中学1年生は聖母行列が終わった後の3時間目の授業で、「花かんむりをつけていいですよ。」と許可が出ると、喜んで花かんむりを付けながら授業を受けていました。その姿がとても微笑ましく思えました。 花まき娘は中学1年生。白いベールを被り一層可愛かったです。

スキ
5

R4.06.04 聖母月に世界平和を祈る~聖母行列~

カトリック教会では、五月を聖母マリアをたたえる「聖母月」としています。聖母マリアとはイエスの母のことです。純心では毎年5月になると、毎日聖堂で祈りを捧げます。 今年は学園全体で祈りを繋ぎ、祈りの輪を広げました。 そして、5月最後の土曜日には『聖母行列』が行われます。 3年ぶりの『聖母行列』に、生徒たちも神妙な面持ちでした。登校中の中学生の手には花かご用の花が見受けられます。 そして何より、今年はお天気も恵まれ、外で行うことができました。中高のみの聖母行列でしたが、一人

スキ
4

R4.06.03 「中学 スケッチ大会」

雨も懸念されたスケッチ大会。いい感じの天気になりました。 例年場所決めに時間がかかりますが、今年は早く決断する生徒たちが多かった様です。 友達と近くにいても、自分なりのこだわりで違う方向を向いていました。 それぞれ個性があって面白いな~と思いました。 色塗りは5時締め切りまで一生懸命頑張っていた生徒もいて、頼もしい限りです。 2年生も、3年生も昨年より上手になっており、1年の成長を感じました。

スキ
8

本科コース

本科コースの取り組みを紹介します。

すべて見る

R4.05.28 新しい価値を見出す~本科コース2年生Startup Base U18~

高校2年生本科コースでは5月19日から5月20日に「Startup Base U18」を開催致しました。社会での「困り事」を探し出し、解決できる方法をグループで話し合っていくプログラムです。  1日目には株式会社カタリバの森先生から、今ある企業がどのように「新しい価値」を作り出してきたかを学んだ上で、自分達で作り出すアイデアを探究しました。  さらに社会人の方からのアドバイスをオンラインで受けて、自分達のアイデアが実現可能かどうか皆で考えました。 2日目にはグループでその

スキ
2

本科コースチャレンジキャンプ

高校1年生も終わりに近づいた3月10日。本科コースチャレンジキャンプを行いました。 今回、お世話になったのは鹿児島市にある「鹿児島県青少年研修センター」。そこで、終日協働することの大切さを学びました。 まず初めに野外炊飯。班のメンバーと協力して、カレーを作ります。 午後はチームワークゲーム。班のメンバーと協力し、様々な課題にチャレンジします。 1日中、思いっきり体を動か祖いた本科コースの高校1年生。 最後は今日誕生日だった担任の先生へのサプライズプレゼント。クラス全

スキ
2

特別講座【地域づくりアイデアコンテスト】(PBLフェスタ2022)

高校2年 本科コース PBLについて本科コース2年生では,5月にStartupBase U18という探究プログラムを通して,鹿児島の企業について学び,鹿児島という地域の課題を考えました。その課題に対する解決策をグループで考え,プレゼンテーションとしてまとめ,発表します。 生徒の作品(発表動画) 1 災害と私たち  アプリを使い,協力できる方を募り災害に苦しんでいる方々を助ける。 2 テーマパークを作る!  テーマパークに来られた観光客の方に鹿児島について知ってもらう機会

スキ
1

地域づくりアイデアコンテスト

高校2年生本科コースは地域アイデアコンテストを行いました。鹿児島の課題を見つけ、解決策をグループで考え、プレゼンテーションで発表します。 生徒たちのアイデアはさまざま。 協力できる方を募り、災害に苦しんでいる方々を助けるアプリ、 鹿児島でしかできない火山灰体験で汚れた身体に温泉をセット体験してもらうプログラム、 大島紬を肌で感じるプロジェクト、 高齢者の食を支えるプロジェクト、 竹をのりのケースにすることで、のりの無駄をなくすスティックのりの開発、 桜島の観光の

スキ
3

PBLフェスタ2022

これからの社会には「知識だけでなく,自ら考え表現できる人」が求められるといわれています。 本校では,変化する時代の中で,最適な答えを探求するために,教養や判断力,自らの考えを相手に発信する技術,そして心。これらを身につけるために,課題解決型で探究的な学びであるPBL(Project Based Learning)を各学年・コースで実施しています。 1年間のPBLの取り組みの成果をPBLフェスタで発表いたします。

すべて見る

ダンス【創作ダンス】(PBLフェスタ2022)

高校1・2年(全コース) PBLについて高校1年生はSDGsを、高校2年生は各コースで行ってきたPBLをもとにテーマ決めから、動き、構成、音楽、衣装、照明まで自分たちでダンスを創作しました。 生徒の作品(発表動画) 1 Woman Leader グループ名「近視Kidず」 「元始、女性は太陽であった……」 今こそ立ち上がれ!輝け! 2 人のつながり グループ名「なんちゃってアイドル」 普段の自分たちの仲の良さをダンスに取り入れ、テーマでもある人のつながりが表現できれ

スキ
1

オンライン探究発表会+意見交流会 開催(PBLフェスタ2022)

 3月8日(火),オンラインによる探究発表会・意見交流会『PBLフェスタ2022』が開催されました。  高校生代表の3グループ,保護者,大学関係者など,多くの生徒や社会人の方々がzoomから参加しました。  代表の1つ目は,「クエストカップ2022」で佳作,及び校内発表会で最優秀賞を受賞した,1年のチーム名「nature」によるプレゼン発表(プレゼンの内容はこちらから御覧ください)。  2つ目は2年英語コースによる日本文化プレゼン発表(プレゼンの内容はこちらからご覧くだ

スキ
3

クエストエデュケーション企業探究部門(PBLフェスタ2022)

高校1年(全コース) PBLについて 教室でインターンをしながら,実在する企業と共に未来をつくっていくプログラムです。 企業が未来に向けて取り組んでいるミッションにインターンとして取り組むことで,企業と共に新しい未来をつくります。今年度は,大正製薬,大和ハウス工業,テレビ東京,パナソニック,フォレストアドベンチャー,吉野家ホールディングスからのミッションに取り組みました。 生徒の作品(発表動画) 1 パナソニック チーム名「KINAKO」 【パナソニックからのミッション

スキ
1

英語劇【English Drama Competition】(PBLフェスタ2022)

高校2年(全コース) PBLについて 高校2年生は英会話の授業で英語劇に取り組み,その制作と発表を通して主に次の4つの力を身につけることを目指しています。 ① 創造力:オリジナルストリーを作成するにあたり,広く社会に目を向け材料集めをします。 ② コミュニケーション力・表現力:英語の発音や言い回し等の表現力だけでなく,ネイティブの先生からの直接の指導等で多くのコミュニケーションの機会を持ちます。 ③ 協調力:グループで一つの作品に取り組むだけでなく,聴衆の立場にも立つ機会を

スキ
2

英語コース

英語コースの取り組みを紹介します。

すべて見る

国際理解【日本文化プレゼン】(PBLフェスタ2022)

高校2年 英語コース PBLについて 高校2年英語コースは,ニュージーランド英語研修旅行でダーフィールド高校に短期留学した際,日本文化を紹介するプレゼンテーションを披露します(今年度,昨年度はコロナ禍の影響で短期留学は中止になりました)。日本文化の知識が全くない視聴者に,分かりやすくかつ興味を持ってもらえるように,スライドにまとめ,クイズや体験を通して視聴者参加型のプレゼンテーションを行います。 生徒の作品(発表動画)1 オープニング 2 自動販売機 3 和菓子 4

異文化を学ぶ~英語コース1年生~

英語コース1年生は鹿児島純心女子大学の先生をお招きし、異文化理解シミュレーション(アルバトロス)を体験しました。 文化の背景の異なる自分とは違った価値観を持つ人々を理解し、よりよい人間関係をつくるためのコミュニケーション能力を養いました。 この体験をすることで、言語の重要性に気付き、コミュニケーションの中の英語という言語の大切さを学びました。

先輩に学ぶ会③

英語コースの先輩のお話を紹介をします。NZ研修や国際理解、Global Culturesなど、他のコースにはない英語コース独自のカリキュラムで培った国際人として身に付けた力を生かし、将来の進む道を決めた英語コースの先輩方。英語コースならではの英語の勉強法なども交えて、お話してくださいました。 【英語コース】  まず初めに、定期考査についてお話します。定期テストの勉強はテスト期間だけするのでは手遅れになります。日頃の授業で先生方はテストのヒントをたくさん出してくださいます。毎

スキ
1

国際理解【日本文化プレゼンtoダーフィールド高校生】(PBLフェスタ2021)

高校2年 英語コース PBLについて高校2年英語コースは,ニュージーランド英語研修旅行でダーフィールド高校に短期留学した際,日本文化を紹介するプレゼンテーションを披露します。日本文化の知識が全くない視聴者に,分かりやすくかつ興味を持ってもらえるように,スライドにまとめ,クイズや体験を通して視聴者参加型のプレゼンテーションを行います。 代表作品(プレゼンスライド・スクリプト)1「Mizuhiki」 スクリプト 生徒の作品(プレゼンスライド)2「Gacha Gacha」

スキ
2